ペット保険の支払事例

ペット保険の支払事例

ペット保険の支払事例 ペットが怪我や病気をした際、かかった医療費を補償してくれるのがペット保険です。
様々な種類のものが設定されており、保険会社によって補償内容もバラエティに富んでいます。

ペットを飼っている人なら、治療にかかる費用が嵩んで頭を悩ませたこともあるでしょう。
ペット保険に加入しておくことで、少しでも経済的な負担を軽減することができれば助かります。

具体的にペット保険の支払事例をいくつか見てみましょう。
ペットが犬の場合の支払事例では、後肢麻痺による入院と通院でかかった治療費24万円のうち、50パーセント補償の保険で自己負担額が12万円になりました。
これが70パーセント補償の保険なら、自己負担額は7万2,000円になります。
脱毛症による内服薬治療で5万円かかったケースでは、50パーセント補償で2万5,000円、70パーセント補償で1万5,000円の自己負担額となっています。

猫の場合の支払事例では、腎不全による点滴や血液検査にかかった20万円の治療費のうち、50パーセント補償で10万円、70パーセント補償で6万円の自己負担額というものがあります。
これらの診療内容は全て保険の対象となっており、1日の通院限度額、あるいは入院限度額、手術の限度額や回数に関しても支払限度の範囲内となっています。

トピックス